オンライン礼拝継続中

2021年5月現在英国のコロナ感染者数は減少傾向にあり、政府による感染防止規制も徐々に引き下げられています。6月21日には規制が全面的に解除される予定ですが、新しい変異種による感染が増えてきており、まだまだ予断許さない状況下にあります。

規制緩和に伴い教会内での礼拝も再開しているところが多いですが、礼拝参加者の事前予約や、会衆賛美、礼拝後の交わりは禁じられており、マスク着用など様々な感染防止対策が取られています。そのような中礼拝のための会堂を持たないロンドンJCFは、ケンジントンのクライストチャーチとの賃貸契約を一旦解消し、当面引き続きオンラインによる礼拝、集会を継続しております。

オンライン礼拝のメリットは英国内だけでなく、海外(ヨーロッパ、アジア、日本など)から参加が可能です。国や地域を限定せず、地球規模で主にある兄姉がともに礼拝を捧げられることは素晴らしい恵です。どなたでも、どこからでもロンドンJCFの礼拝にご参加いただけます。